CARS Report

車全般うんちくレポート

BH AUCTION 出展車を特別展示中!

2020年1月10日(金曜日)に千葉県の幕張メッセで開幕する東京オートサロンの中でSUPER GTとの共催で行われる『SUPER GT AUCTION-TAS』に出品される車両の一部が、特別にプラネックスカーズ目黒本社ショールームに展示されています。

世界125台限定の“メガ・カー”、ケーニグセグ・ジェスコを展示中!

ケーニグセグは、当時22歳だったクリスチャン・フォン・ケーニグセグが1994年に設立したスウェーデンの自動車メーカー。当初から世界最高、最速のスーパーカー作りを掲げており、2005年に発表したCCRは395km/hという市販車のギネス最高速度を記録。以来、常にハイパースーパーカー・リーグの先頭を走り続け、現在ではスーパーカーを超越した1メガワット(=1341ps)以上の出力を誇る“メガ・カー”を送り出すメーカーとして、その存在を確固たるものとしている。
そんなケーニグゼグ・オートモーティブが、25周年の節目を迎えた2019年のジュネーブ・ショーで発表したのが、ケーニグセグ ジェスコである。

『auto sport web Sprint Cup』にプラネックス・スマカメ・マクラーレン720S GT3が参戦!

さる11月23、24日に富士スピードウェイで開催されたスーパーGT GT500クラスとドイツ・ツーリングカー選手権DTMとの念願のコラボレーション、『AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT X DTM 特別交流戦』。
それ以外にも、名だたるスーパーカーがデモランを行った『MZ SUPERCAR PROJECT with BH AUCTION』や、2020年1月10日(金)に東京オートサロンにて開催される“SUPER GT AUCTION - TAS”と、東京寺田倉庫にて開催される、”BH AUCTION TOKYO Terrada | January”のプレビューとデモランが行われるなど、多彩なコンテンツが繰り広げられた中、サポートレースとして行われた、GT300 & GT3マシンによるスプリントレース『auto sport web Sprint Cup』に、鈴鹿10Hで活躍したプラネックス・スマカメ・レーシングのマクラーレン720S GT3が参戦しました。