トヨタ 2000GT(後期型)

1507-133
1967年、ヤマハ発動機に委託生産という形で誕生した国産スポーツカーの代名詞がこのトヨタ2000GTです。

当時の価格は238万円。これを現在の貨幣価値に置き換えるとおよそ
1500万円から2000万円という破格のものでした。
当時の大卒者初任給が2万5000円程だということからもこの車がいかに
一般の人々にとって高嶺の花であったかが窺い知れることと思います。


また、市販前年の1966年には茨城県の自動車高速試験場(現在のJARI)にて
4日間に渡るスピードトライアルを実施し、台風の吹きすさぶなか、数々の記録を樹立しました。


総生産台数は337台。詳細は上表の通りですが、このうち日本国内向けが前期型が110台、後期型が108台。
トヨタ自動車のイメージリーダーカーとしての役目を終え、1970年には生産終了となりました。
今回ご紹介している車両は後期型です。


こちらでご紹介する個体は、内外装ともに完璧といえるレベルでレストア
されたもので、快適装備としてクーラーも設置されております。


日本楽器の木工技術を大いに活かした良質な木材からなる超高品質・高精度の内装は
目を奪われる程の美しさがあります。
その木目一つ一つから素材の温もりや職人の丁寧な仕事ぶりを窺い知ることができ、
ひとたびステアリングを握ればまさに当時の日本工業技術の粋を集めたその作品に酔いしれることができます。




斜め後ろのこの角度からの眺めが一番好きだと仰るエンスージアストも多く、それはこの各部のメリハリのある
デザインをみれば一目瞭然です。
さらにそこにはキラリと光るメッキパーツで華やかさと美しさが際立ちます。


スロットルを開ければ心地よい加速感を感じて頂けます。
是非一度実車をご覧いただき、その品質の高さを感じて頂ければと思います。



Car Stock List トップ : VINTAGE CAR :  トヨタ 2000GT(後期型)